統合報告書

日本道路グループ「統合報告書2020」は、SDGsをはじめとする8つの社会課題への取り組みが当社グループの価値向上と持続的な成長へとつながるストーリーとして、また「中期経営計画2019」に掲げた6つの経営課題の進捗状況ならびに財務・非財務情報など、この1年間の事業活動を株主・投資家をはじめ、お客様、お取引先、就職活動中の学生の皆さん、従業員など、より多くのステークホルダーの皆様にご紹介しています。

統合報告書2020

日本道路グループの全体像
  • 日本道路グループの「存在意義」
  • 日本道路グループ価値創造の歴史 -Our History-
  • 日本道路グループのビジネス
価値創造ストーリー
  • 日本道路グループの価値創造ストーリー
    -価値創造の源泉-
  • [特集1] 最新鋭のアスファルトプラントが描く未来~泉北りんかい合材センターが始動~
  • [特集2] アジアで花開く技術力
    ~タイ、マレーシアの事業展開~
  • [特集3] 成長を支えるグループ事業 -地域舗装会社-~拓友道路株式会社(北海道空知郡奈井江町)~
確かな成長戦略
  • 日本道路グループの中期経営計画2019の全体像と進捗
持続的成長を支える基盤
  • 役員紹介
  • コーポレート・ガバナンス
  • [特集] 日本道路グループの「未知」を切り拓く
    ~独立社外役員座談会~
  • コンプライアンス
  • リスクマネジメント
環境価値の創出
  • 脱炭素社会に向けた取り組み
社会価値の創出
  • サプライチェーン・マネジメント
  • 労働環境改善の取り組み
  • 人材育成・ダイバーシティ
  • 社会貢献活動の取り組み
目指すもの
  • 技術力で「道づくり」「街づくり」に貢献するSDGs企業を目指す
財務情報/会社情報
  • 財務の状況
  • 経営成績等の概況
  • 株式情報
  • 会社概要

編集方針

日本道路グループの統合報告書は、持続的成長に向けた価値創造ストーリーやSDGsへの取り組み、財務・非財務の価値をステークホルダーの皆さまにご理解いただくことを目的としています。「統合報告書2020」は、2029年の創立100年を見据えた日本道路グループの価値創造ストーリーを分かりやすく説明することに主眼を置き、2年目の統合報告書として、「内容の充実」と「分かりやすさの向上」に磨きをかけることを目指しました。

報告対象範囲

日本道路株式会社およびグループ会社

報告対象期間

原則として2019年4月から2020年3月
(一部対象期間外の事業活動報告も含みます)

参照ガイドライン

ISO26000「社会的責任に関する手引き」
環境省「環境報告ガイドライン2018年版」
国際統合報告評議会(IIRC)「国際統合報告フレームワーク」
経済産業省「価値協創のための統合的開示・対話ガイダンス」

バックナンバー