安全衛生マネジメント

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を

安全衛生方針

人命尊重を最優先した安全第一主義を徹底し、労働安全衛生マネジメントシステムを継続的に改善、「安全文化」を定着させる

行動指針

  • 拠点ごとに全員で声をかけ合って、安全意識を高める
  • 三現主義(現場・現物・現実をみる)を徹底させ、死亡・重篤災害ゼロ/公衆災害ゼロを目指す
  • 安全衛生関連法令等を順守した日常の活動を実践する
  • 健康快適職場の形成と、作業環境管理により業務上の疾病を予防する

中期経営計画2019「2019~2023年」における安全衛生目標

2019~2023年度の各年度労働災害発生(休業4日以上)度数率
0.720以下
(元請工事・下請工事を含む)
死亡災害、重大公衆災害
発生ゼロ
(※)度数率 =
労働災害による死傷者数延べ実労働時間数
×1,000,000

安全成績の推移

2019年度の事故・災害件数は、36件(前期比92%)と前期に比べ減少しました。内訳では、労働災害が19件(同100%)、第三者損傷が9件(同82%)、交通事故が7件(同78%)、その他1件となりました。
労働災害の要因としては、繰り返し災害に見られる被災者の安全意識の欠如、作業手順などのルール無視による不安全行動、作業指示の周知徹底の不備、立入禁止措置の不徹底が見られました。また、高齢者の身体機能低下・慣れ、若年者・新規雇用者の経験・知識不足、外国人労働者のコミュニケーション不足、現地ルールの周知・教育不足がありました。
第三者損傷では、重大なインフラ損傷事故は発生していませんが、アスファルトプラントにおいて過去の教訓、再発防止策が生かされず、重機と車両の接触事故が発生しました。
交通事故は、前年度より大幅に減少していますが、安全運転意識の欠如による事故が発生しました。
改めて基本ルールに立ち返り、安全意識の向上を徹底し、労働災害の再発防止に努めます。

グラフ:2019年度 事故・災害発生要因の状況
グラフ:労働災害発生度率の推移

COHSMS

日本道路株式会社は経営基本方針の第一に安全を掲げ、安全衛生活動を推進しています。これまでに構築した安全衛生手法の維持と活動のノウハウを組織的に標準化・体系化して、確実に継承し、かつ改善するツールとして2005年度よりCOHSMS(建設業労働安全衛生マネジメントシステム)の運用を開始し、2014年11月に全社でCOHSMSの認定取得しています。

建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)の概要

【建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)の概要】店社におけるPDCAサイクル(本社・支店・営業所)/作業所におけるPDCAサイクル(営業所主要工事・支店直結工事)