生物多様性への対応

  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう

当社グループは「揺るぎない技術力で「道づくり」「街づくり」に貢献するSDGs企業を目指す」ことを経営基本方針としています。サステナブルな社会づくりに貢献する企業として SDGsの対応、生物多様性への配慮に取り組むことは、企業の責任であると考えています。生物多様性は、気候変動問題と同様、グローバルな課題であると同時に、あらゆる地域における身近な課題でもあります。

当社グループは、「自然共生社会の構築を通じた持続可能な社会の実現を目指す」ことを目的として2020年12月に「日本道路生物多様性行動指針」を制定しました。

自然共生社会の構築は、気候変動対策や循環型社会の構築とも密接に関連し、これらの課題に取り組むことで事業活動の中に、脱炭素化、資源循環、生物多様性の保全といった、SDGsの様々なゴールに貢献する取組みを推進します。

日本道路生物多様性行動指針
(113KB)