海外事業について

東南アジアの発展を軸に、
グローバル市場への挑戦を

海外事業のあゆみ

日本道路グループは、1989年に、東南アジアを中心とした海外事業を展開するため、マレーシアとタイでそれぞれ現地法人を設立しました。以降、クアラルンプール国際空港やセパン・インターナショナル・サーキット、タイの自動車テストコースや高速道路建設などのインフラ整備に貢献するとともに、日系企業や現地企業からの受注も行い、また、日本道路の本社ではODA(政府開発援助)などの国際入札案件にも取り組んできました。

日本の外へ目を向ける

地図:ミャンマー事務所(ヤンゴン市)/タイ日本道路(株)(バンコク郡)/日本道路マレーシア(株)(セランゴール州)
多民族国家としてお互いの宗教や文化を尊重し合って共栄するマレーシア、仏教国でありながらも独自の文化、慣習を持つタイ。日本とは異なる視点を交えた、現地に根差した事業展開が必要です。日本道路グループは、海外においても、高品質の工事施工はもちろん、社会的、文化的多様性を受け入れながら、社会資本整備を通じ現地経済の発展に貢献していきます。

施工実績

UNR117に即したテストコース建設(タイ)
※タイヤ騒音の国際基準

当工事は、タイの次世代自動車産業における研究開発の育成を担うため、2022年までに、東京ドームの約40倍という広大な計画用地に、国営自動車テストコースを建設するという大型プロジェクトで、タイ国の国家戦略である「Thailand4.0」の1つに当たります。タイ日本道路(株)は、このプロジェクトの第1期工事となるISO騒音測定試験路の建設工事を受注・施工しました。
当社として、海外事業で初めてICT(情報化)施工を導入しましたが、日本人・現地スタッフが一体となり、高精度なテストコースを完成させることができ、施主からも高い評価をいただきました。当プロジェクトは、今後、特殊路や高速周回路の建設が計画されており、引き続き積極的に取り組んでいきます。

マレーシア・クアラルンプール国際空港第3滑走路修繕工事

建設当時より、軟弱地盤による沈下が問題となっていたクアラルンプール国際空港。その補修工事を日本道路マレーシア(株)が受注・施工しました。空港の24時間稼働や総選挙、断食期間などの制約がある中、綿密な工程管理、人員や材料・機械の確保など、関係者が一体となり施工。1カ月という短納期で無事完工し、高評価を得ました。

セパン・インターナショナル・サーキット
新設工事(1998年)全面改修工事(2016年)(マレーシア)

JOIN US

道の先の「未知」を切り拓く
仲間を募集しています!

エントリー