機械

岩崎 航
Profile
2013年入社
岩崎 航
もともと機械を触ることが好きで、大学では機械工学を専攻。機械に携わることのできる職を求めて就職活動を行う中で、企業規模や待遇から信頼できる会社だと感じ、入社を決意。

機械だけでなく、多くの人と向き合えるこの仕事に魅力を感じる

経歴や仕事内容について教えてください。

入社後の研修で、建設機械を操作するための免許や、溶接関連などの整備資格を取得しました。その後、東京機械センターに配属。道路の舗装などで使用する機械の整備や清掃、現場でその機械をオペレーションするための指導や支援を行っています。
空港や高速道路など大型の舗装機械を必要とする現場にも携わり、要請があれば機械主任として操作を指示したり、地元の舗装会社に対して施工業務をサポートしたりすることもあります。

日々の業務の中で、社内外の人とどう関わっていますか?

日中は機械の整備や清掃にあたり、その後、機械日報などの作成を行います。チームを組んで動くため結束も固まりますし、若手社員もベテランの協力会社作業員もいる中で、コミュニケーションがよく取れていると思います。日ごろから他部署との関わりも多く、技術研究所と新しい施工方法や機械開発について意見を交わしています。
また、全国から機械職員の応援要請が来て、1~2カ月現場に常駐する場合もあります。各地の機械職員と交流もでき、一緒に仕事をする中でスキルアップやコミュニティ拡大にもつながっています。

仕事のやりがいと今後の目標を教えてください。

仕事が実際に形として残る点に達成感ややりがいを感じます。大型の現場ではプレッシャーも大きいですが、完成後の感動もひとしおです。今後は自分の理想とする新しい機械づくりが行える立場になり、その機械で施工を行うところにまで携わりたいです。将来的には機械センター長も目指してみたいと思います。

日本道路に興味を持つ学生へメッセージをお願いします。

今後、建設業界では自動化やAI化の発展が加速していきます。機械職員にも土木や機械に限らず、プログラミングなどの幅広い知識が必要となるでしょう。何か一つでも他人には負けない長所を持っているとよいと思います。それを活かしながら業務の幅を広げていくことで、キャリアアップにつながるはずです。

JOIN US

道の先の「未知」を切り拓く
仲間を募集しています!

エントリー