トンネル舗装工事で情報通信ネットワーク環境(Wi-Fi)を構築

日本道路株式会社は、東京支店管内のトンネル舗装工事(総延長1,330 m)の現場において、古野電気株式会社が開発したWi-Fiシステムを用いて、西尾レントオール株式会社の協力のもと、情報通信ネットワーク環境(Wi-Fi環境)を全延長で構築しました。

当システムはLANケーブルでアクセスポイント間を接続する必要がなく、無線でアクセスポイント間を接続することが可能で、さらにアクセスポイント1台で700 m先まで安定した情報通信ネットワーク環境を利用することができます。これまでトンネル内は携帯電話の電波が届かない環境でしたが、電話やメッセージ機能を用いた連絡、クラウドサービスを利用したデータ共有、オンライン会議ツールを用いた遠隔臨場システムの利用など、リアルタイムに現場状況を把握し、トンネル内にいる現場従事者と情報交換が可能となります。
今後トンネル内の現場においてもネットワーク環境を整備し、IoT機器によるデジタル化、ICT施工の普及による業務効率化および働き方改革を進めてまいります。

本件に対するお問い合わせ先

日本道路株式会社 生産技術本部技術部
〒105-0004
東京都港区新橋1丁目6番5号
TEL:03-3571-4891 / FAX:03-3572-1742

  • リリースの内容は発表日時点のものです。最新の情報と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。