『事例研究発表会』を開催しました

日本道路㈱は、東京都港区の本社及び各支店で事例研究発表会を開催し、発表者を含め約35名が参加しました。

発表会概要

日時:2021年2月5日(金)9:30~15:40(表彰式は16:30から)

場所: 本社10階会議室及び各支店内

1.開会挨拶 9:30 - 9:35 久松社長
2.本発表会の開催について 9:35 - 9:40 荒尾部長
3.発表
第1部 ~民間受注の拡大における新たな挑戦~ 9:40 - 11:20
第2部 ~技術力のNICHIDO・未来展望~ 12:30 - 13:50
第3部 ~働き方改革・社会貢献に向けた取組み~ 14:00 - 15:40
4.表彰 16:30 -
5.講評 16:40 - 久松社長
6.閉会挨拶 16:50 - 荒尾部長

発表会内容

  • 新型コロナウイルスの影響によりオンライン会議での実施となりましたが、本発表会では各支店、本社よりお客様から高評価をいただいた内容を中心に、今後の受注拡大や工事における新技術の取り組み、技術センターの改革、ICT活用成功例などの発表に加え、今年度は働き方改革推進における工夫事例や当社の社会貢献活動も発表されました。
  • 2020年度 事例研究発表会では、第1部《民間受注の拡大における新たな挑戦》として5事例、第2部《技術力のNICHIDO・未来展望》として6事例、第3部《働き方改革・社会貢献に向けた取組み》として3事例の計14事例が発表されました。
  • 発表者は技術職員、営業職員、合材製造管理職員、事務職員の全ての分野での参加となりました。
  • 審査は、社長をはじめ役員および支店長の投票により、最優秀賞、優秀賞、特別賞などで表彰しています。
  • 今回発表された事例は昨年までと同様、DVDに編集し水平展開を図ることで、会社全体がお客様に対する意識の向上や技術力向上、また、社内業務の改善に資するものと考えています。

開会挨拶

代表取締役社長 久松博三

本来ならば本社に集合して行う予定でしたが、新型コロナウイルスの影響でオンラインによる開催となりました。今回で5回目ですが、当初は工事報告会という形で開催していました。これは主に工事部門で好事例、失敗例を水平展開するためにやっていましたが、このような活動を工事のみならず営業、製販あるいは管理部門を含め、さまざまな取り組み事例を発表し、同時に社員のプレゼン能力を高めようという目的もあります。発表内容が年々上達しており、今回5回目ということで私も大変楽しみにしています。

当社は社是があります。「創意研鑚、協調親和、信用高揚」を考えてみると、今回の事例研究発表会で皆さん方がどういう新しい発想で企画し、展開、研鑚していくのか、またその過程においてチームワークを発揮できるのか、最終的には成果としてお客様あるいは社会に認められ貢献できているか、これが私たちの社是の中身だと思います。
わたしの個人的な視点でこの事例研究発表会がどういう切り口で成果となっているのか、を評価の基準としてしっかりと見ていきたいと思います。
これまでの事例発表会は、発表者が会場に集まり、発表者の皆さんの熱意や熱量が伝わって非常に盛り上がりました。今回はビデオによる画面越しでの発表となりますが、どれぐらい伝わってくるのかということもひとつのポイントになろうかと思っています。
その点も非常に期待し、楽しみながら聞こうと思います。今日一日どうぞよろしくお願いします。

執行役員生産技術本部  荒尾慶文

新型コロナウイルスの影響で延期となり、今回リモート開催ということになりました。発表者の方には11月の発表会のために準備万端にしていただいていたところ、直前の延期となり、大変にご迷惑をお掛けしました。
また今回、事前に撮影した動画配信とオンラインでの質疑応答による発表会ということになり、あらためてビデオ撮影など更なるご苦労をお掛けしました。
初めての試みではありましたが、皆さん非常に努力され、様々な工夫をしていただきました。
リモート開催ということで、映りの問題やなど不備もあるかと思いますが、審査員の方もその辺りは割り引いて審査をしていただいて、中身を評価していただければと考えています。
本日は14編発表がございまして発表時間は16時半までです。従来ですと社長から表彰状をお渡しするということになりますが、今回リモートですので表彰については発表のみで、その後社長から講評をいただくということで進めさせていただきまので、よろしくお願いします。
本日は充実した1日になるようによろしくお願いします。それでは事例研究発表会を始めます。