2011/10/17 日本道路/表面処理工法「リフレッシュシールMix」既存舗装を延命化し切削廃材発生抑制、騒音低減効果も

静岡県浜松市の東急リゾートタウン浜名湖において加熱アスファルト表面処理工法「リフレッシュシールMix」の施工を行いました。
同工法は舗装の延命化に役立つ超薄層舗装による予防的維持工法であり、廃材が発生することなくCo2削減により環境負荷軽減も期待され、路面が平滑できめが細かくなることから路面騒音低減効果や乗り心地の改善効果を持つ技術です。
今後はリゾート施設内や各種生活道路などを中心に全国的な需要を開拓していきます。

関連新聞記事:日本道路・加熱アス系処理工法の提案強化、切削せず短期間に道路改修、11年度は10万m2施工目指す
関連新聞記事:日本道路・リフレッシュシールMix、東急リゾートタウン浜名湖、幹線道路で7千m2超施工、既存舗装延命化し騒音低減も
関連新聞記事:日本道路・表面処理工法「リフレッシュシールMix」既存舗装延命化の実績増伸、今年度10万平方メートル目指す

このページのTOPへ戻る