2011/08/22 日本道路/中温化(低炭素)舗装にFA(フォームドアスファルト)技術

日本道路は中温化(低炭素)アスファルト舗装にFA技術の展開を強化しています。
新東名(第二東名)高速道路掛川舗装工事に提案し、大規模現場としては初採用となりました。FA技術はアスファルトに微量の水を添加し泡状にすることで、混合性や締固め性を高める技術です。これにより、製造温度を20℃下げCo2排出量を10%削減できる事から環境保全技術として捉え、今後さらなる強化を図ってまいります。
今後は再生合材への適用に向けて研究開発を進めていく予定です。

関連新聞記事:日本道路・中温化舗装にFA(フォームドアスファルト)技術、製造温度20度引き下げCO2を10%削減
関連新聞記事:日本道路・FA(フォームドアスファルト)技術中温化舗装に適用、20℃下げCO2約10%削減、首都圏中心に普及促進へ
関連新聞記事:日本道路・中温化舗装にFA(フォームドアスファルト)技術、製造温度下げCO2削減

このページのTOPへ戻る