2016/10/25 「森の探検隊2016『秋を探そう』」活動報告

9月25日(日)昨年度からはじめた新しい次世代育成の自主事業「森の探検隊」第二回目の活動を実施しました。

活動場所は前回と同じ広島県安芸太田町井仁です。季節が変わり風景も黄金色に変わっていましたが、16名のこどもたちは元気に活動しました。

午前:『稲刈り』

地元の方々のご協力により、稲刈り体験をさせていただきました。秋雨にぬかるんだ田んぼに足をとられ、どろんこになりながら悪戦苦闘でしたが、それがとても楽しい思い出に残る体験になったようです。

秋を探そう

「森の絵描きさん」から、子どもたちに「フィールドカード」が手渡されました。
それぞれのカードには、「茶色」とか「さらさらの音」とか「ふしぎ」とか言葉が書いてあり、散策しながらそれぞれその言葉に合った秋を探しました。

お昼:『秋を食べよう』

稲刈りや散策のあとでお腹もぺこぺこ。くり、なし、ぶどう…美味しい秋を味わいました。

午後:『秋を創ろう』

午前中、それぞれのフィールドカードに書かれた言葉を手がかりに見つけた秋を、創りました。散策で拾ってきた「自然の素材」と、用意してあった「人工の素材」を組み合せ、自分たちのイメージを色や形にしました。
最後にチーム毎に自分たちの作品を一人ひとり説明しました。そのあとで他のチームの子どもたちが質問、熱心なやりとりが続きました。

自然は驚きの玉手箱

私たちは豊かな自然環境にある広島県安芸太田町にある井仁の「棚田交流館」をベースに、四季を通して自然との関わり方を学んでいく、子どもたちの活動を行いました。
子どもには3歳から8歳の頃の「子ども時代」でしか学べない大切な感性があります。里山の自然の中で「いとも簡単に気づく心のセンス」と「自分らしい自由な表現」を身につけていきます。
「森の探検隊」は、まさに「驚きの玉手箱」です。

※活動協力:スポーツメディア㈱東雲スイミングクラブ(当社100%子会社の広島事業所)

森の探検隊・秋を探そう森の探検隊・秋を探そう

次回は、11月27日(日)の「冬を探そう」の活動を行う予定です。

スポーツメディア㈱・ホームページ:http://www.sportsmedia.jp/
スポーツメディア㈱東雲スイミングクラブ・ホームページ:http://www.shinonome-swim.jp/

「森の探検隊『秋を探そう』活動報告」:PDF(2.2MB)

このページのTOPへ戻る