2016/04/15 青森市立戸山中学校の職場訪問学習を実施しました

日本道路は、4月14日に青森市立戸山中学校からの依頼により、修学旅行中の3年生9名を迎え、本社で技術研究所社員による職場訪問学習を実施いたしました。
今回の職場訪問学習は、道路舗装の方法や重要性、働くことの素晴らしさや苦労を生徒さんたちに理解してもらう目的で行いました。

講義でははじめに、当社の会社概要や事業内容、技術研究所の業務内容などの説明を行いました。
その中で、当社中原大磯技術研究所長は「道路は皆さんの生活にもっとも身近な交通インフラであり、生活しやすいように様々な工夫が施されている。今日学んだことを忘れずに、日常の中で少しでも道路に関心を抱いて、今後の生活で生かしてほしい」と話をしました。講義の中で生徒さんたちは、特に道路舗装の説明に熱心に耳を傾け、積極的にメモを取る姿が見られました。
青森県をはじめとする寒冷地で効果を発揮する「凍結抑制舗装」や、高速道路の舗装で用いられることが多い「排水性舗装」など、環境に配慮された舗装技術を紹介し、皆さん興味津々な様子で話を聞いていました。

青森市立戸山中学校の職場訪問学習青森市立戸山中学校の職場訪問学習
青森市立戸山中学校の職場訪問学習青森市立戸山中学校の職場訪問学習

体験学習では、実際に排水性舗装に水を通し、通常のアスファルト舗装との違いを実感してもらったり、サーモカメラを使って遮熱性舗装の効果を体験してもらいました。
その中でも、発電機能がある舗装用発電床の上を実際に歩いてもらった際には、飛び跳ねる生徒さんやジャンプをしてみる生徒さんもいて、皆さんに楽しく体験してもらうことが出来ました。

青森市立戸山中学校の職場訪問学習青森市立戸山中学校の職場訪問学習
青森市立戸山中学校の職場訪問学習青森市立戸山中学校の職場訪問学習

質疑応答の時間では、「道路建設で最も難しいことは何ですか」という質問に対し、「何もないところから、良い品質の道路を作ることはとても難しいが、完成時には苦労が報われ、やりがいを感じる」と答えると、生徒さんたちはうなずき、体験前より道路舗装に対して関心を示している様子でした。

青森市立戸山中学校の職場訪問学習青森市立戸山中学校の職場訪問学習

今回の職場訪問学習が、生徒さんたちの将来に少しでも生かされていくことを期待し、今後もこのような地域の取り組みに協力していきたいと考えています。
青森市立戸山中学校の皆さん、ありがとうございました。

関連新聞記事:日本道路・青森の中学生9人本社訪問、舗装技術体験学習
関連新聞記事:日本道路・青森の中学生が職場訪問、身近な道路の取組学ぶ
関連新聞記事:日本道路・中学生が職場訪問、舗装技術を身近に

このページのTOPへ戻る