NICHIDO News

11月29日、本社において2018年度事例研究発表会を開催しました。

当日は、「~継続受注に向けた挑戦~(民間受注拡大に向けた取り組み)「~一歩先へ・さらなる工夫を~(開発・改善活動)」「~次につながる高い評価を目指して~(公共工事における取り組み・報告)」という3つのテーマのもと、全国から13事例の発表があり、大いに盛り上がりました。

冒頭、久松社長から、「今年で3回目となる事例研究発表会ですが、今年は3つのテーマについて3部構成で実施するという新たな形式での発表会となります。支店で予選会を開いているところもあると聞いており、昨年にも増して皆さんの大きな熱意が伺えます。環境は常に変わっており、「現状維持は最大のリスク」、社是である「創意研鑽」のとおり、「技術の日本道路」たる創意工夫を続けることが必要です。今日1日、すばらしい時間となることを期待しています」と開会の挨拶がありました。

jirei-181129-1

次に、生産技術本部長の石井常務から「今日は、支店の予選会、本社の審査を通った13の事例研究発表会となります。現場での創意工夫による当社の技術力・営業力を得意先に評価していただいた事例ですので、是非持ち帰って従業員にしっかりと伝えて水平展開してください。それでは、発表者の方は、胸を張って元気よく発表してください。」と挨拶がありました。

jirei-181129-2

第1部では「継続受注に向けた挑戦」として4事例、第2部では「一歩先へ、さらなる工夫を」として4事例、第3部では「次につながる高い評価を目指して」として5事例が発表され、発表後には活発な質疑応答が行われました。
発表後、役員が審査を行い、最優秀賞が1組、優秀賞が3組、特別賞が2組選出され、それぞれ表彰されました。

jirei-181129-3jirei-181129-4

最後に、久松社長から「本日はお疲れ様でした。皆さんの発表内容は非常に良かったです。取り組む姿勢がすばらしく、「現状維持は最大のリスク」を念頭に現場で良く活躍していると感じました。13事例の発表は甲乙つけ難いものでしたが、その中で表彰された方はおめでとうございます。来年も更にすばらしい発表会になることを期待しています。」と閉会の挨拶があり、2018年度事例研究発表会を終了しました。

日本道路は2月14日、本社において2016年度事例研究発表会を開催しました。

当日は「工事評定点アップを目指して」と「広げよう!皆の知恵と工夫」という2つのテーマで全国から13編の発表があり、大いに盛り上がりました。

冒頭、山口社長から「前年度には工事報告会というごく少数参加の企画がありましたが、その時にもっと充実した企画を出したいと思い、今回事例研究発表会が開催されることとなりました。本日、若い方々が発表された良い点を持ち帰り、それを各支店の若い社員に伝えて頂き、人材育成にもつなげられればと思います」と開会挨拶がありました。

jirei-170214-1

次に生産技術本部井口副本部長から「今回はおかげさまで13テーマとも力作ぞろいであり、主催する事務局として大変感謝しております。本日は存分にプレゼンの腕を振るっていただくようお願いいたします」と挨拶がありました。

jirei-170214-2

第一部は「~工事評定点アップを目指して~」で第二部が「~広げよう!皆の知恵と工夫~」で発表され、発表後には盛んな質疑応答が行われました。

jirei-170214-3

役員や本社部長らが審査し、最優秀賞が1組、優秀賞が2組選出され、それぞれ表彰されました。なお、他のテーマもレベルが高く、プレゼン内容も良かったことから他の発表者にも優良賞が追加授与されました。

jirei-170214-4

最後に久松副社長から「本日はお疲れ様でした。皆さんの発表はとても素晴らしく甲乙つけがたいものでした。その中でも最優秀賞、優秀賞を取られた方は本当におめでとうございます」と閉会の挨拶があり、2016年度事例研究発表会を終了しました。

jirei-170214-5

ページトップボタン