MAP

国土交通省・新技術情報システム(NETIS)登録番号・・・CB-13002-A

ISO14021規格「環境ラベル及び宣言(タイプⅡ)」準拠

シャットファルト・施工例

概要

シャットファルトは、アスファルト舗装などの表面に遮熱材(太陽光を反射する特殊顔料を混合した樹脂)を塗布することにより、路面温度の上昇を抑制する舗装です。
特殊顔料が太陽光の赤外線を反射させ、舗装体の蓄熱量を減少させます。バインダには、2液硬化型樹脂系とエマルジョン型樹脂系、ウレタン型樹脂系があり、下地となる舗装の種類や用途により使い分けができます。また、2液硬化型樹脂系には施工時の臭気を低減したタイプのものもあります。

特長

  • 温度低減効果/通常のアスファルト舗装に比べて、夏季の路面温度が10℃程度低減できます。
  • 設備不要/散水設備など特別な付帯設備を必要としません。
  • 排水機能/母体がポーラスアスファルト舗装の場合、排水機能や低騒音機能を低下させることなく、骨材飛散や空隙つぶれを抑制できます。
  • 耐流動性/路面温度の上昇を抑制することにより、舗装のわだち掘れを低減できます。
  • 景観性/カラー化が可能です。

用途

ヒートアイランド対策として、都市街路の車道・歩道/公園の広場・駐車場など

詳細を表示

クールファルト・施工例

概要

クールファルトは開粒度アスファルト混合物(ポリマー改質H型またはII型仕様)の空隙に、保水性を有する鉱物質微粉末を特殊グラウト材で充填した、半たわみ型の舗装です。舗装体内に保水された水分が蒸発することにより気化熱が奪われ、舗装表面の温度上昇を抑制することができます。

特長

  • ヒートアイランド抑制/舗装体内に保水された水分が蒸発することにより、路面温度の上昇を抑制することができます。
  • 熱吸収抑制/クールファルトの色調が、舗装体への熱吸収を抑制します。
  • 温度低下/アスファルト舗装に比べて(10℃程度以上)、舗装体の温度が低下します。
  • 早期交通開放/速硬性のセメントを使用するため、早期に供用が可能となります。

用途

ヒートアイランド対策として、都市街路の車道・歩道/公園の広場・駐車場など

詳細を表示

レインボーポラクリート・施工例

概要

レインボーポラクリートは、多孔質な特殊コンクリートを路盤上に直接舗設して雨水を路盤、路床に浸透させる地球環境と生活環境に優しい舗装です。

特長

    多孔質な構造が雨水を透水するため、

  • 優れた透水性で雨の時でも水溜まりができにくく、歩行時の水はねも減少し、快適です。
  • 雨水を地中に還元あるいは一時貯留するため、

  • 植生や地中生態系を改善、地球環境に優しい舗装です。
  • 都市河川の氾濫、公共水域の汚濁を抑制します。
  • 地下水位の低下を抑制します。

用途

歩道/広場/自転車道/遊歩道/駐車場/商店街/軽交通道路/歩車道共存道路など

詳細を表示

国土交通省・新技術情報システム(NETIS)登録番号・・・KT-150079-A

レインボーエコロブロックBiz・施工例

概要

レインボーエコロブロックBizは超微多孔質セラミック基盤の破砕材を用いたインターロッキングブロックです。
超微多孔質骨材を使用するため、従来の保水ブロックに比べ保水力を大幅に向上させています。保水機能を活かした緑化ブロックとしても機能を発揮します。

特長

  • 保水性/保水量が従来の保水ブロック(0.15~0.18g/cm3)と比較して多く(0.22g/cm3以上)を確保、路面温度低減効果が長期間持続し、雨水流出抑制にも寄与します。
  • 透水性/保水量以上の雨水は速やかに基盤へ浸透させることにより、水たまりができにくくなります。
  • リサイクル性/骨材に産業廃棄物を焼成安定化したものを使用しており、安心・安全でエコな舗装材です。
  • 軽量/重量が従来のインターロッキングブロックに比べ、70%程度の重さであるため、死荷重が懸念される屋上や歩道橋、ペデストリアンデッキなどにも適用可能です。

用途

歩道/小型車駐車場/園路/広場/建物周辺/駅前広場/バス停歩道部/歩道橋/ペデストリアンデッキなど

詳細を表示

レインボーエコロブロック瓦・施工例

概要

レインボーエコロブロック瓦は、2層構造であり、Gタイプ(下層:廃瓦、上層:ガラスカレット)、Tタイプ(上下層:廃瓦)、Eタイプ(下層:廃瓦、上層:硅砂)、Sタイプ(下層:廃瓦・陶磁器廃材、上層:天然砂利)があります。いずれも廃瓦を主体にしたリサイクル舗装ブロックです。

特長

  • 保水・透水性/廃瓦の持つ保水性と透水性により歩行しやすく、また、ヒートアイランド現象の抑制にも寄与します。
  • リサイクル/廃瓦を主体とし、陶磁器廃材や廃ガラス等も使用しています。
    また、再リサイクルも可能です。
  • デザイン/カラーバリエーションが豊富です。

用途

歩道/遊歩道/広場/駐車場/建物周辺など

詳細を表示

国土交通省・新技術情報システム(NETIS)登録番号・・・CB-980086-V(アメニファルトSSS)

アメニファルトSシリーズの施工例

特長

    多孔質な構造が音を吸収するため、

  • 自動車の走行騒音を大幅に低減します。
  • 沿道環境を大幅に改善します。
  • 防音施設等の建設費削減に寄与します。
  • 多孔質な構造が雨水を排水するため、雨天時の

  • 水しぶき、水はね、ヘッドライトの反射が減少し、ドライバーの視認性が向上します。
  • すべり抵抗が向上し、ハイドロプレーニング現象を緩和します。

用途

自動車騒音が問題となっている道路/都市部の幹線道路等/市街地の道路/高速道路、自動車専用道路等の制限速度の高い道路など

詳細を表示

国土交通省・新技術情報システム(NETIS)登録番号・・・標準工法 HR-990098-V

アメニシール(PRMS)・施工例1

アメニシール(PRMS)・施工例2

概要

[標準工法]

アメニシール標準工法は、透水性特殊樹脂モルタルをポーラスアスファルト舗装の表面空隙に充填することにより、路面を強化して排水性能と低騒音性能の維持を図り、すべり抵抗性を向上させます。

[多機能工法]

アメニシール多機能工法は、透水性弾性特殊樹脂モルタルをポーラスアスファルト舗装の表面空隙に充填することにより、排水性能を維持したまま寒冷期の路面凍結を抑制するとともに、高い騒音低減効果を発揮します。

特長

[アメニシール標準工法の特長]

  • 路面の強化、機能の維持(骨材飛散、空隙づまりの抑制)/透水性特殊樹脂モルタルを舗装表面の空隙に充填するので、排水機能と低騒音機能を維持したまま骨材の飛散抑制や空隙づまりの抑制に効果があります。
  • 低騒音性の維持/空隙づまりが抑制されるので、低騒音性が維持されます。
  • すぺり抵抗性の向上/路面のテクスチャが改善されるので、すべり抵抗性が向上します。
  • カラー化が可能/カラー骨材を使用することにより、カラー化が可能です。

[アメニシール多機能工法の特長]

  • 凍結抑制効果(物理系凍結抑制)/ポーラスアスファルト舗装の空隙に充填された弾性特殊樹脂モルタルが、車両通過時の荷重によってたわむことにより路面の氷膜が破壊されるため、寒冷期の路面凍結を抑制します。
  • 騒音低減効果/ポーラスアスファルト舗装の空隙への充填により路面のテクスチャが改善されることと、特殊樹脂モルタルの弾性と空隙によってタイヤ接地音やエアポンピング音などの騒音発生を抑制します。
  • カラー化が可能/カラー骨材を使用することにより、カラー化が可能です。

詳細を表示

国土交通省・新技術情報システム(NETIS)登録番号・・・KT-980202-V

アメニコート・施工例

概要

アメニコートは、従来のポーラスアスファルト舗装の課題である「骨材の飛散」「空隙つぶれ」「空隙づまり」を改善、防止する目的で通常のポーラスアスファルト舗装上に特殊樹脂を散布・浸透させて、強固な皮膜を形成する工法です。排水機能や低騒音機能を維持したまま、耐摩耗性や骨材飛散などに対する耐久性が向上します。

特長

  • 骨材飛散の抑制/ポーラスアスファルト舗装の骨材の表面および接点に強靱で接着性に優れた樹脂硬化膜を形成し、骨材の飛散を抑制します。
  • 空隙つぶれ・空隙づまりの抑制/樹脂硬化膜がアスファルトの塑性変形を抑制し、空隙つぶれ・空隙づまりによる排水機能や低騒音機能の低下を抑制します。
  • カラー化/舗装表面の強化と同時にカラー化が可能です。

用途

  • 路面骨材の飛散が懸念される交差点、大型車両の通過が多い場所
  • 駐車場、料金所、高速道路インターチェンジ、バスレーン
  • トンネル内の明色化、コールドジョイント部など

詳細を表示

アメニクリート・施工例

概要

アメニクリートは、吸音性能と排水性能を兼ね備えた多孔質なコンクリート舗装で、優れた耐久性、コンクリート舗装の長所を最大限に活かした低騒音/排水・透水性舗装です。
施工は、ポーラスな特殊コンクリートを高締固めアスファルトフィニッシャにて敷きならしと締固めを行う工法です。

特長

    多孔質な構造が音を吸収するため、

  • 自動車走行時のタイヤ/路面騒音を大幅に低減します。
  • 沿道環境を大幅に改善します。
  • 防音施設等の建設費節減に寄与します。
    多孔質な構造が雨水を排水するため、雨天時の

  • 水しぶき、水はね、ヘッドライトの反射が減少し、ドライバーの視認性が向上します。
  • すべり抵抗性が確保でき、ハイドロプレーニング現象を緩和します。
    コンクリート(剛性)舗装なので、

  • 静止荷重に強く、優れた耐久性が期待できます。
  • 版厚が厚く抜群の排水性、保水性を発揮し、洪水抑制舗装としても期待が持てます。

詳細を表示

セメントフォームドスタビ・施工例

概要

専用のスタビライザで、ストレートアスファルトをフォームド化 (泡状化)しながら、事前に散布したセメントと現地材料を、路上で混合するセメント・瀝青安定処理工法です。

※セメントを添加しない常温瀝青安定処理路盤の構築も可能です。

※フォームド化したストレートアスファルトのかわりに、アスファルト乳剤を用いる、セメント乳剤スタビもあります。

特長

  • たわみ性に富む路盤に再生できるので、アスファルト系表層とのなじみが良く、セメント系のみの剛性路盤に比べてリフレクションクラックが発生しません。
  • 水密性、耐久性の高い路盤が構築できます。
  • 混合性が高いため、低品質な既設路盤材料にも適用できます。
  • 路上路盤再生工法の中では最大の等値換算係数(a=0.65)がとれます。
  • 廃材の発生量を抑制できます。

用途

既設舗装の路上路盤再生/砂利道などの現道の安定処理/防塵性路盤など

詳細を表示

ページトップボタン