MAP
ロードキャプチャー・施工例

特長

  • 高速・幹線道路・空港施設~生活道路のすべての道に対応
  • 時速100(※)km/hで舗装路面の状態を定量化
    ※測定可能範囲:1~120km/h
  • 一般車の走行を阻害※することなくスマートに測定
    ※不可視光レーザー採用
  • GISを活用し管内の舗装状態・沿道状況を把握

用途

  • 小規模(施工予定箇所等)~管内広域道路の路面性状の確認
  • 路面画像および沿道画像の取得
  • 道路のライフサイクルコスト(LCC)を考慮した、効率的な道路予算の運用および維持修繕計画に必要な基礎データの収集

詳細を表示

FWD

FWD(Falling Weight Deflectometer)

特長

  • 高速・幹線道路・空港施設~生活道路のすべての道に対応
  • 現道を開削することなく舗装や目地部の健全度を評価(※舗装表面のたわみ量から推定)
  • 測定は数秒程度で完了するため車線規制時間の短縮可能(※従来のたわみ量測定に比べて)
  • GISを活用し管内の舗装状態を把握

用途

  • 小規模(施工予定箇所等)~管内広域道路の舗装健全度の評価・確認
  • 一般道路(アスファルト舗装・コンクリート舗装)や空港舗装などの舗装構造の診断
  • 道路のライフサイクルコスト(LCC)を考慮した効率的な道路予算の運用および維持修繕計画に必要な基礎データの収集

詳細を表示

ページトップボタン