床版上面増厚工法・施工例

概要

床版上面増厚工法は、既設床版コンクリートの上面に新たに超速硬型の鋼繊維補強コンクリートを打設し、新旧コンクリートを一体化させることにより、曲げ耐力と押抜きせん断耐力の向上を図る工法です。床版上面増厚工法は、損傷の進行したコンクリート床版を蘇らせるための最も有効な工法です。

特長

床版上面増厚工法は、新旧コンクリートの一体化により床版の損傷が進行したせん断耐力を大幅に向上あるいは回復させる工法です。また、施工期間が短いこと、経済的であることなどの特長を有します。

コンクリート床版補強・補修工法

施工断面図

床版上面増厚工法・施工断面図

共用2年後の床版の切断面

床版上面増厚工法・切断面

施工は短期間

工期(橋長150~250m)

床版上面増厚工法・施工は短期間

優れた経済性

概算工事費(単位:万円/m2

床版上面増厚工法・優れた経済性

専用施工機「コンクリートフィニッシャ」

床版上面増厚工法・スーパーペーバ

スーパーペーバ5500打設機構図

床版上面増厚工法・スーパーペーバ5500打設機構図

フロープレートの振動により流動化したコンクリートは既設床版の凹凸に関係なく充分に締固められ、モールドプレードによって所定の形状に仕上げられます。

このページのTOPへ戻る