国土交通省・新技術情報システム(NETIS)登録番号・・・KT-980202-V

アメニコート・施工例

概要

アメニコートは、従来のポーラスアスファルト舗装の課題である「骨材の飛散」「空隙つぶれ」「空隙づまり」を改善、防止する目的で通常のポーラスアスファルト舗装上に特殊樹脂を散布・浸透させて、強固な皮膜を形成する工法です。排水機能や低騒音機能を維持したまま、耐摩耗性や骨材飛散などに対する耐久性が向上します。

特長

  • 骨材飛散の抑制/ポーラスアスファルト舗装の骨材の表面および接点に強靱で接着性に優れた樹脂硬化膜を形成し、骨材の飛散を抑制します。
  • 空隙つぶれ・空隙づまりの抑制/樹脂硬化膜がアスファルトの塑性変形を抑制し、空隙つぶれ・空隙づまりによる排水機能や低騒音機能の低下を抑制します。
  • カラー化/舗装表面の強化と同時にカラー化が可能です。

用途

  • 路面骨材の飛散が懸念される交差点、大型車両の通過が多い場所
  • 駐車場、料金所、高速道路インターチェンジ、バスレーン
  • トンネル内の明色化、コールドジョイント部など

排水性トップコート工法

概念図

アメニコート・概念図

特性(例)

アメニコート・特性(例)

施工手順

アメニコート・施工手順

施工例

アメニコート・施工例
アメニコート・施工例
アメニコート・施工例

このページのTOPへ戻る