硬グースアスファルト・施工例

概要

硬グースアスファルトは、従来のグースアスファルトの粗骨材配合をより高くして、さらに耐流動性、耐久性、たわみ性、急勾配施工性を高めたものです。施工は従来のグースアスファルトと同様です。

特長

  • たわみ性に富み付着力が強く、疲労抵抗性に優れるので鋼床版舗装に最適です。
  • 耐流動性に富み、急勾配施工性に優れています。
  • 空隙がなく水密性に富んでます。
  • 流し込み工法なので締固めが不要です。
  • 顔料の添加等によりカラー化も可能です。

用途

鋼床版舗装/寒冷地の耐摩耗表層/工場内等の耐薬品舗装/大型冷蔵庫・低温施設内の床舗装など

グースアスファルト舗装

グースアスファルトとは?

グースアスファルトとは、通常のアスファルト混合物に比べ、アスファルトと石粉を多量に使用したもので、不透水性でたわみに対する追従性が高いことから、一般に鋼床版橋面舗装の基層などに用いられます。通常のアスファルトプラントで混合し、加熱保温撹拌装置付き運搬車(クッカ)で混練・運搬を行い、専用フィニッシャで流し込み施工します。グースアスファルトの名称はドイツ語で路面に流し込む(Güssen)の意味からつけられたものです。

標準断面図

硬グースアスファルト・標準断面図

施工手順(鋼床版の例)

硬グースアスファルト・施工手順(鋼床版の例)

使用機械編成(鋼床版の例)

硬グースアスファルト・使用機械編成(鋼床版の例)

アスファルトクッカ

硬グースアスファルト・アスファルトクッカ

型    式 MT-C40N
空 車 質 量 12,570kg
最大積載量 7,060kg

グースフィニッシャ

硬グースアスファルト・グースフィニッシャ

型    式 NFB6WS-VG
総 質 量 12,000kg
舗 設 幅 員 2.5~4.5m(油圧伸縮)

このページのTOPへ戻る