国土交通省・新技術情報システム(NETIS)登録番号・・・CG-990019-V(設計比較対象技術)[QRP工法]

大粒径アスコン・施工例

概要

大粒径アスコンは、粗骨材の最大粒径を大きくする(最大粒径25mm以上)ことで耐流動効果を高めたアスファルト混合物です。一回の施工厚を厚くすることで敷きならし回数を減らし、施工効率を高めると同時に施工の省力化が図れます。

特長

  • 一回の敷きならし厚さを厚くして効率良く舗装するため、施工の省力化・省人化が図れます。
  • 大粒径混合物は、骨材の噛み合せにより耐久性が高い混合物です。
  • 耐流動性が高く、締固め直後の高温状態でも早期に交通開放が出来ます。
  • 主に基層またはアスファルト安定処理層として使用し、耐水性の高い舗装が構築できます。
  • 通常のアスファルト舗装機械で施工できます。

用途

重交通路線/港湾施設/鉄道ヤード/コンテナターミナルなど

大粒径アスファルト舗装

概念図

大粒径アスコン・概念図

敷きならし回数の低減

通常の舗装断面に比べて大粒径混合物を使用した舗装断面は、敷きならし回数(層数)が下図のように減少するため、施工が効率的に行えます。

大粒径アスコン・断面図

施工スケジュールの比較例

大粒径アスコン・施工スケジュールの比較例

施工例

大粒径アスコン・施工例

このページのTOPへ戻る