ND-USTシステム・施工例

概要

ND-USTシステムは、ポリプロピレン樹脂製ブロック(材料名:シンシンブロック)を組みたてて、地下埋設水槽を形成する雨水流出抑制システムです。雨水をこの埋設水槽に一時的に貯留し、その後地中に自然浸透させるか、または、公共下水道等に流量調整して放流することにより、雨水の流出を抑制します。

特長

  • 地下埋設型の樹脂製雨水貯留槽です。
  • 都市型洪水抑制等の総合治水対策に寄与します。
  • 高強度・高耐久樹脂ブロック材料を使用しているので、地上部を駐車場・公園等に有効利用できます。
  • 空隙率95%のポリプロピレン樹脂製ブロック材料を使用するため、水槽築造ボリュームを軽減します。
  • 組立はクレーン等の重機械が不要なため、狭い場所でも設置可能です。養生も不要なため短工期を実現します。
  • ポリプロピレン樹脂製ブロック材料は、リサイクル、リユースが可能です。

用途

雨水流出抑制が必要な箇所(商業施設・病院・特養老人ホーム・戸建住宅など)/「特定都市河川浸水被害対策法」適用河川流域の流出抑制

雨水流出抑制システム(小~中規模)

標準断面図

浸透タイプ 貯留タイプ(地下水位の高い場合)
全面を透水シートで覆います。 側、底面を防水シートで遮水します。
ND-USTシステム・浸透タイプ ND-USTシステム・貯留タイプ

PP樹脂製ブロック本体仕様

規格 縦360mm×横360mm×高さ260mm
材質 ポリプロピレン樹脂
重量 約1.4kg/個
鉛直強度 鉛直方向 102.0kN/m2以上(許容値)
水平方向 60.8kN/m2以上(許容値)
有害物質 ポリプロピレン材は、内分泌攪乱物質(環境ホルモン)が危惧される原料は添加されていない。

※推奨貯留量:100t未満

ND-USTシステム・PP樹脂製ブロック本体

施工状況

ND-USTシステム・施工状況

ND-USTシステム・施工状況

●完成後(赤枠部分が埋設位置です)

施工手順

ND-USTシステム・施工状況

※使用材料の「シンシンブロック」は、(社)雨水貯留浸透技術協会の技術評価認定(第1号)技術です。
※使用材料の「シンシンブロック」は、NETIS登録(KT-990581-A)技術です。

このページのTOPへ戻る