ND-ハイドロシステム・施工例

概要

ND-ハイドロシステムは、ポリプロピレン樹脂製ブロックを、継ぎ手を使わず干鳥型に組立て、一体型の地下埋設水槽とするものです。浸透あるいは貯留構造を容易に選択でき、河川や公共下水道への雨水流出を抑制することで、都市型洪水の抑制ができます。

特長

  • 地下埋設型の樹脂製雨水貯留槽です。
  • 都市型洪水抑制等の総合治水対策に寄与します。
  • 高強度・高耐久性ポリプロピレン樹脂のため、地上部を有効活用できます。
  • 空隙率95%を確保できるため、水槽築造ボリュームを軽減できます。
  • 個々のブロックを干鳥配置に組み上げることで、一体型貯留槽となります。
  • 迅速施工が可能で、中型・大型の貯留槽に最適です。
  • オプションの堆砂抑制システムで、貯留槽内部への土砂流入を大幅に抑制し、計画貯留量の低減を防ぎます。
  • 日本道路の施工ノウハウから生まれた「KS天板」により、最少土被りを0.5m(T-25)にすることが可能です。

用途

  • 雨水流出抑制が必要な箇所/開発物件・商業施設・学校等
  • 「特定都市河川浸水被害対策法」適用河川流域の流出抑制
  • 雨水再利用のための貯留施設

雨水流出抑制システム(中~大規模)

概念図

ND-ハイドロシステム・概念図

ポリプロピレン樹脂製ブロック本体仕様

規格 縦721mm×横721mm×高さ393mm
材質 ポリプロピレン樹脂
質量 約3.3kg、4.8kg/個
強度 鉛直方向 126.8kN/m2以上(許容値)
水平方向 80.9kN/m2以上(許容値)
有害物質 ポリプロピレン材は、内分泌撹乱物質(環境ホルモン)が危惧される原料は添加されていない。

※推奨貯留量:100t以上

ND-ハイドロシステム埋設イメージ

ND-ハイドロシステム・埋設イメージ

堆砂抑制システムとは

流入する雨水に含まれる土砂は貯留槽手前の沈砂ますで取り除かれます。
それでも取りきれない土砂をこの堆砂抑制システムに沈砂させ、人孔よりメンテナンスを行うことで、水槽内部の土砂詰まりを抑制するものです。

ND-ハイドロシステム・埋設イメージ
ND-ハイドロシステム・埋設イメージ

施工例

ND-ハイドロシステム・施工例

カテゴリー: , ,

ページトップボタン