クールファルト・施工例

概要

クールファルトは開粒度アスファルト混合物(ポリマー改質H型またはII型仕様)の空隙に、保水性を有する鉱物質微粉末を特殊グラウト材で充填した、半たわみ型の舗装です。舗装体内に保水された水分が蒸発することにより気化熱が奪われ、舗装表面の温度上昇を抑制することができます。

特長

  • ヒートアイランド抑制/舗装体内に保水された水分が蒸発することにより、路面温度の上昇を抑制することができます。
  • 熱吸収抑制/クールファルトの色調が、舗装体への熱吸収を抑制します。
  • 温度低下/アスファルト舗装に比べて(10℃程度以上)、舗装体の温度が低下します。
  • 早期交通開放/速硬性のセメントを使用するため、早期に供用が可能となります。

用途

ヒートアイランド対策として、都市街路の車道・歩道/公園の広場・駐車場など

半たわみ性舗装系保水性舗装

標準断面図

クールファルト・標準断面図

効果

●降雨後には、アスファルト舗装に比べ(10℃程度以上)、路面の温度が低くなります。またその後の晴天時の表面温度も低くなります。
クールファルト・保水性舗装の効果イメージ

路面温度の経時変化(例)/測定時期:7月

クールファルト・路面温度の経時変化

標準施工手順

クールファルト・標準施工手順

施工例

クールファルト・施工例
クールファルト・施工例

このページのTOPへ戻る