付着型薄層ポーラスコンクリート舗装・施工例

概要

付着型薄層ポーラスコンクリート舗装工法は、ベースコンクリート版上に薄層の機能層として、アメニクリート(高空隙・高強度ポーラスコンクリート)を付着一体化したセメント系低騒音/排水性舗装です。

特長

  • 静止荷重に強い抜群の耐久性。
  • 雨天時の視認性向上。
  • 明色性による注意喚起効果。
  • 雨天時のスリップ、追突事故の抑制。
  • トンネルや夜間照明の効率向上。
  • 騒音低減効果による周辺環境改善。

用途

車道/料金所/トンネル/パスストップ/サービスエリア/パーキングエリアなど

セメント系高機能舗装/アメニクリート

標準断面図・表面写真

付着型薄層ポーラスコンクリート舗装・標準断面図

付着型薄層ポーラスコンクリート舗装・表面写真

標準使用材料

W/P
(%)
m/g
(%)
空隙率
(%)
単位量(kg/m3

W
結合材(P) 細骨材
S
C R
20~23 46~51 18 72 365 182
  • R:無機質系特殊混和材
  • C:普通セメント
  • G:13~5mm、10~5mmまたは5~2.5mm
  • P=C+R
  • m/g:モルタルと粗骨材の容積比

特性

項    目 目標値
空 隙 率 18%(15~20%)
曲げ強度 4.5N/mm2
透水係数 1.0×102cm/sec以上

標準施工手順

付着型薄層ポーラスコンクリート舗装・標準施工手順

このページのTOPへ戻る