ミニロードH

概要

ミニロードHは、2液混合アスファルト系常温合材です。
ベース常温合材に現場で硬化剤(0.5リットル)を混合し、転圧して硬化させる最大粒径5mmの補修材料です。

特長

  • 高い耐久性/耐流動性合材と同等の強度。
  • 取り扱いが簡単/2液混合でありながら、敷きならし、転圧作業は従来と同程度。
  • 薄層施工/1~2cm程度の薄層施工が可能。
  • 高い保存性/3カ月保存可能。

用途

  • ガス、水道のライフライン工事の復旧
  • ポットホールの修繕
  • 飛散箇所の表面処理、不陸整正など

常温舗装補修材

施工手順(例)

ミニロードH

物性値(例)

  常温合材 加熱アスファルト合材
  ミニロードH 当社従来品 再生密粒(13) 改質Ⅱ型
マーシャル
安定度
(60℃)
20.0kN 0.8kN 10.0kN 12.0kN
動的安定度
DS
10,000回/mm 測定不能 800回/mm 5,000回/mm

注意点

  • 硬化材(0.5リットル)をよく混ぜないと固まりません。
  • 3ヵ月以上の保存または5袋以上の積み重ね保存は避けてください。
  • 雨天時の施工は避けてください。
  • 路面が乾いてからご使用ください。
  • アスファルト乳剤によるプライマー処理は不要です。
  • 転圧まで30分で終了させてください。
  • 交通開放は1時間程度ですが、完全硬化には3日以上必要です(季節により変動があります)。

施工例

ミニロードH

このページのTOPへ戻る