ロードキャプチャー・施工例

特長

  • 高速・幹線道路・空港施設~生活道路のすべての道に対応
  • 時速100(※)km/hで舗装路面の状態を定量化
    ※測定可能範囲:1~120km/h
  • 一般車の走行を阻害※することなくスマートに測定
    ※不可視光レーザー採用
  • GISを活用し管内の舗装状態・沿道状況を把握

用途

  • 路小規模(施工予定箇所等)~管内広域道路の路面性状の確認
  • 路面画像および沿道画像の取得
  • 道路のライフサイクルコスト(LCC)を考慮した、効率的な道路予算の運用および維持修繕計画に必要な基礎データの収集

路面性状測定車

舗装路面の状態を定量化

維持・修繕を行うための基礎資料となり舗装の「路面性状(ひび割れ、わだち掘れ、平たん性)」および「沿道画像」を基に維持管理指数(MCI)、供用性指数(PSI)、国際ラフネス指数(IRI)を算出し路面性状を定量的に把握できます。

どんな道にも対応

計測機器を1BOX車両に搭載し、幅員が狭い生活道の測定に対応します。

生活道路(幅員3m未満)の測定可能

ロードキャプチャー・測定の様子

路面画像出力(例)/30m

ロードキャプチャー・路面画像出力(例)

路面性状と維持管理指数出力(例)

ロードキャプチャー・路面性状と維持管理指数出力(例)

GIS(地理情報システム)画面(例)

ロードキャプチャー・GIS(地理情報システム)画面(例)

路横断形状図出力(例)

ロードキャプチャー・路横断形状図出力(例)

性能確認証書

(-財)土木研究センター
路性証第2629号

ロードキャプチャー・性能確認証書

測定仕様

測定仕様 内容
測定車両 寸法(測定時) 全長:5,540mm
全幅:2,330mm
全高:2,730mm
測定条件 路面状態 乾燥路面、昼夜間測定
計測速度 120km/hまで
計測範囲 4mまで

このページのTOPへ戻る