フォームドマスチックシール・施工例

概要

橋面舗装に用いられるグースアスファルトと同等の優れたたわみ性、水密性、耐摩耗性を有し、より経済性を高めるために薄層(2.5cm以下)で施工できるよう改良を加えた薄層加熱アスファルト舗装です。

特長

  • たわみ性・疲労抵抗性に優れているので、リフレクションクラックの発生を抑制します。
  • アスファルトはもちろんのこと、コンクリートとの接着性にも優れているので、舗装のはがれやポットホールの心配がありません。
  • 流し込み工法なので、従来のシート工法等に比べ凹凸のある既設路面に確実に付着し、ひび割れや目地部に容易に充填されます。
  • 水密性に富むので、水分の浸透を防止し路盤を保護します。
  • 薄層施工なので、かさあげ高が少なくて済みます。

用途

  • リフレクションクラック抑制層
  • 寒冷地のアスファルト舗装、コンクリート舗装の表層補修
  • 橋梁床版、貯水池等の防水層など

リフレクションクラック抑制・寒冷地用薄層舗装

標準断面図

フォームドマスチックシール・標準断面図

施工手順(寒冷地用表層の場合)

フォームドマスチックシール・施工手順(寒冷地用表層の場合)

使用機械編成

フォームドマスチックシール・使用機械編成

アスファルトクッカ

フォームドマスチックシール・アスファルトクッカ

型       式 MT-C40N
空 車 質 量 12,570kg
最 大 積 載 量 7,060kg

マスチックシールフィニッシャ

フォームドマスチックシール・マスチックシールフィニッシャ

型       式 NFB6WS-VG
総  質  量 12,000kg
舗 装 幅 員 2.5~4.5m(油圧伸縮)

施工例

フォームドマスチックシール・施工例

このページのTOPへ戻る