具体的な仕事内容

 

施工管理

遊歩道から高速道路・空港などの大規模工事まで多彩な活躍の舞台があります。
施工管理は、工事現場の監督、すなわちマネジメントの仕事です。安全・品質・工程管理、および検査書類の作成まで、その仕事内容は非常に幅広いものです。具体的には、施工前の段取りから協力会社の選定や資材の発注、施工中の機械・作業員の手配から作業工程や予算管理、作業員や近隣住民の安全対策、施工後の報告書類の作成などです。また、多くのスタッフとコミュニケーションを取りながら、現場を円滑に進めていく必要がありますし、臨機応変な対応が常に求められます。着工から完成まで責任も大きいですが、工事が完了した時の達成感も大きく、何事にも代えがたいものがあります。

施工管理

 

品質管理

当社の合材プラントや高速道路などの大型現場において、舗装に使われるアスファルト合材の製造・出荷にあたり、原材料や出荷製品が一定の規格・基準値を満たしているかをチェック、管理する業務です。また、現場に出向いての試験業務にも携わります。施工現場に常に安定した品質の製品を供給する重要な役割を担っています。
発注された工事の仕様に合わせて自分が配合設計した合材の品質が良いとお客様からお褒めの言葉をもらうのが、何よりうれしい瞬間です。

品質管理

 

機械管理

現場で使用するさまざまな大型建設機械の維持修繕、現場支援や合材プラント内の設備管理や出荷管理に携わります。また、特殊機械の改造設計・開発に関わる業務もあります。特に、最近は情報通信技術を活用してより安全に、より省力で、より効率的に機械施工を行う情報化施工が求められており、これらの業務に携われることも一つの魅力です。

機械管理

 

研究・開発

「技術の日本道路」を支える技術研究所は、未来につながる技術の実現に向け、最先端道路技術の開発に取り組んでいます。社会変化によるお客様のニーズの多様化に応えるために、地球環境・技術の高度化・安全・コストなどに関わる新たなシーズを研究目標に、新製品や新材料の開発、技術改良、将来につながる新規技術などの研究開発を行っています。また、官庁との共同研究、異業種各社との新技術の共同開発、海外からの技術導入の取り組みも展開しています。
自分の開発した技術が採用されることが目標になります。

研究・開発

 

工事営業・製品営業

官庁については、さまざまな情報を収集・分析し、見積もり金額による入札が普通です。また、工事の設計に当社の工法をスペックインしてもらうことも工事受注には欠かせない仕事です。民間の場合は、信頼関係の構築がまず何より大事です。その上で、相手のニーズに合った提案営業が求められます。
合材プラントでは、当社が製造しているアスファルト合材を販売します。
いずれにしても、受注から代金回収、アフターケアまでが営業の範囲です。

工事営業・製品営業

 

現場事務

営業所・合材センターにおいて、注文書・請求書の発行、伝票処理、安全関係など、多くの書類作成を行います。さらに、運営責任者である所長の補佐から、庶務的なことまで、幅広い業務のマネジメントに携わっています。これらの仕事をスピーディかつ的確に処理するためには広範囲な知識と経験が求められます。
最前線の現場で働く工事職員が工事を無事完成させることに専念できるような環境を整える、いわば縁の下の力持ち的存在です。

現場事務

このページのTOPへ戻る