PPP PFI・実績

 

運営実績

長野市「湯~ぱれあ(温湯温泉)」

代表企業、建設企業、運営企業

「湯~ぱれあ」公式HP

http://www.u-parea.jp/

長野市「湯~ぱれあ(温湯温泉)」

事業概要

施設名 長野市温湯(ぬるゆ)温泉利用施設「温湯温泉 湯~ぱれあ」
公共施設の管理者 長野市
所在地 長野県長野市若穂綿内1330-3
施設概要 延床面積2,369m2
健康維持増進ゾーン(温泉大浴場、温泉プール)
高齢者福祉ゾーン(会議室、作業室、ホール、和室)
休憩ゾーン(足湯、飲食コーナー)
事業期間 16年
運営期間 15年
施設区分 複合施設
選定方式 総合評価一般競争入札
事業方式 BTO
コンソーシアムメンバー
代表企業:
日本道路(株)
設  計:
(株)エーシーエー設計
建  設:
滝澤建設(株) 日本道路(株) (株)竹村製作所
維持管理:
(株)竹村製作所
運  営:
スポーツメディア(株)(日本道路(株)子会社)
協力企業:
(株)玄・ベルトー・進来  NPOつくばアクアライフ研究所
総事業費 約22億9千万円
実施方針 長野市温湯地区温泉利用施設整備等PFI事業・実施方針

関連News、新聞記事

2014.12.05 日本道路・温湯温泉湯~ぱれあ・プールにイルミネーション、冬季限定特別メニューも
日本道路グループ・温水プールが幻想空間に、スタッフ総出で電球飾り付け
2013.04.05 スポーツメディアの「アクネス佐久平」“泳がないプール”高齢者に歩く運動好評、自治体の介護予防サービス受託
2013.04.04 スポーツメディア㈱・介護予防・健康指導サービス強化、遊休資産使った新事業も検討
2013.03.12  日本道路・長野のPFI(民間資金等活用事業)温泉利用施設、入場者100万人突破、改革の3倍ペース
日本道路のPFI(民間資金等活用事業)事業・入場者数100万人突破、計画値約3倍の7年目、地域に愛される施設として定着
日本道路のSPC(特定目的会社)・「湯~ぱれあ」開業7年で100万人突破、当初計画3倍の入場
湯~ぱれあ 入場者数推移(平成25年2月末現在)
2010.09 内閣府・PFIに関する年次報告(平成21年度)において、長野市温湯地区温「PFI手法の導入事例としての予定を大幅に上回る利用者、PFI倒産隔離機能の有効な発揮事例」として取り上げられました。
2010.09.15 日本道路らの温浴施設PFI、内閣府が年次報告で評価、代表企業倒産の影響回避
2009.09.17 日本道路・長野市内の温泉PFI施設、開業3年半で来館50万人突破
日本道路のPFI初弾、長野市温泉利用施設、入場者50万人突破
日本道路のSPC運営温浴施設、累計入場者数50万人を突破、PFI成功例として注目
2007.09.03 日本道路らの温泉PFI「湯~ぱれあ」利用者20万人に
2006.11.30 日本道路らの温泉PFI施設「湯~ぱれあ」利用者が10万人達成
2006.03.28 温泉利用施設が完成 日本道路初のPFI 運営ノウハウ蓄積へ前進
日本道路、長野県初のPFI施設竣工 健康増進と福祉の複合温泉
日本道路のPFI初弾事業竣工、長野市内に温泉利用施設

豊田市「豊田市交通安全学習センター」

代表企業、建設企業、維持管理企業

「豊田市交通安全学習センター」

http://www.kotsuanzen.jp/

豊田市「豊田市交通安全学習センター」
施設パンフレット 「豊田市交通安全学習センター」

事業概要

施設名 豊田市交通安全学習センター
公共施設の管理者 豊田市
所在地 愛知県豊田市池田町小山田494-24他
施設概要 敷地面積 25,100m2
延床面積  2,567m2
学習館(教室、多人数参加型シアター、参加体験型展示室)
市街地模擬路ゾーン(学習実験講堂、見学スタンド、ミニ列車など)
事業期間 17年
運営期間 15年
コンソーシアムメンバー
代表企業:
日本道路(株)
設  計:
矢作葵ビル(株)
建  設:
矢作葵ビル(株) 日本道路(株)
維持管理:
矢作葵ビル(株) 日本道路(株) (株)乃村工藝社
運  営:
(株)トヨタ中央自動車学校
協力企業:
中日本建設コンサルタント(株)
(株)損保ジャパン・リスクマネジメント
総事業費 約54億1千万円
施設区分 文教施設
選定方式 公募型プロポーザル
事業方式 BTO
実施方針 豊田市交通安全教育施設整備運営事業・実施方針

関連News、新聞記事

2014.12.08 日本道路ら運営・豊田市交通安全学習センターPFI、一般利用50万人突破へ
2014.12.01 豊田市交通安全学習センター・まもなく50万人到達、日本道路らSPC(特定目的会社)が運営、毎月のイベントデーも好評
2011.09.27 豊田市交通安全学習センターのゴーカート運行再開
(豊田交通教育㈱発表資料)
(豊田市報道発表資料)
2011.08.18 ゴーカートで、シートベルトで締め付けられる事故が発生しました
(豊田市HP報道発表資料)
2011.01.11 日本道路らPFI交安学習センター、地元警察署から感謝状
豊田市交通安全学習C、豊田警察署から感謝状、安全・安心なまちづくり評価
2011.01.06 豊田警察署より感謝状
2010.12.21  日本道路らのPFI事業「豊田市交通安全学習センター」利用者10万人突破
豊田市初のPFI、交通安全学習センター、一般来場者10万人突破、市,SPCが記念セレモニー
日本道路ら整備運営、豊田市交通安全学習センター、一般利用者10万人超、開業から8ヶ月強で大台
2010.10.07 日本道路らのPFI事業「豊田市交通安全学習センター」利用者数当初計画を大幅に上回る
日本道路らのSPCが運営、好評の交通安全学習センター(愛知県豊田市)、利用者10万人突破、マレーシア運輸省関係者も視察
日本道路ら整備・運営、豊田市交通安全学習センター、PFI成功例に注目、目標5万人3カ月で達成
2010.09 内閣府民間資金等活用事業推進室公表の事例研究・先行事例集において、PFI事業における先行事例集(3)の中で「民間の事業範囲の拡大可能性」のジャンルで取り上げられました。
2010.04.05 日本道路らSPC・豊田市交通安全学習センター開所
豊田市交通教育・交通安全学習センター開業
2010.03.29 実施主体は日本道路ら・豊田市初のPFI、交通安全学習センター竣工、随所に舗装技術
日本道路らSPC・PFI事業施設が竣工、豊田市交通安全学習センター、安全・安心の都市づくり拠点
日本道路らのPFI事業・豊田市交通安全学習センター竣工
2009.03.05 日本道路他・豊田交通教育、交通安全教育施設が起工、体験型、PFIで整備、10年3月末完成
2009.03.04 日本道路グループのSPCで整備・運営 豊田市交通安全教育施設が起工、PFI事業来年4月オープン
2008.05.23 豊田市報道発表資料―本市初のPFI事業(進捗状況)―
2008.01.10 優先交渉権者に日本道路G、豊田市交通安全教育施設PFI
2008.01.09 日本道路グループ(構成員:矢作葵ビル,乃村工藝社,トヨタ中央自動車学校)が交渉権、豊田市のPFI交通安全施設、53.9億円を提示
豊田市の交通安全施設PFI、優先交渉権者に日本道路グループ(構成員:矢作葵ビル,乃村工藝社,トヨタ中央自動車学校)、市街地模擬路など評価
日本道路グループ(構成員:矢作葵ビル,乃村工藝社,トヨタ中央自動車学校)に、豊田市交通安全教育施設整備・運営PFI

豊田市「豊田市交通安全学習センター」

「藍住町河川敷運動公園パークゴルフ場」

指定管理者

「藍住町河川敷運動公園パークゴルフ場」公式HP

http://www.nipponroad.co.jp/aizumiparkgolf/

「藍住町河川敷運動公園パークゴルフ場」

事業概要

施設名 藍住町河川敷運動公園パークゴルフ場
所在地 板野郡藍住町徳命字西ノ丁地先
コース 面積約20,000㎡
全3コース27ホール [国際パークゴルフ協会認定コース]
東コース:9ホール/中コース:9ホール/西コース:9ホール
指定管理者 日本道路(株)徳島営業所
指定管理期間 平成24年4月1日~平成27年3月31日

関連News、新聞記事

2009.12.16 日本道路・指定管理者業務を受注、徳島のパークゴルフ場
日本道路・初指定管理者のゴルフ場完成、PPP(Public-Private Partnership=官民連携)事業を強化
2009.12.15 日本道路・初指定管理者のパークゴルフ場を完成、PPP(Public-Private Partnership=官民連携)事業に注力、新たな収益源に育成

「藍住町河川敷運動公園パークゴルフ場」

このページのTOPへ戻る