環境ラベル

 

「環境ラベル等データベース」への製品登録について

弊社は環境ラベルを制定し、ISO14021規格「環境ラベル及び宣言(タイプⅡ)」に準拠し環境省が運用する「環境ラベル等データベース」に製品を登録しました。
「環境ラベル及び宣言(タイプⅡ)」は、企業などが自らラベルと製品の基準を定めるもので、弊社はリフレッシュシールMix(表面処理工法)とシャットファルト(遮熱性舗装)を登録しました。今後、対象製品を順次追加していく予定です。
なお、自主基準は、「従来技術と比較してCO2排出量を20%以上削減できる、または路面温度を10℃以上低減できる」としています。

概要

Nichido Eco Mark
環境ラベル等の特色 自主基準値以上の環境技術・工法・製品・施工に環境ラベルを表示する。
なお自主基準は、「従来技術と比較してCO2排出量を20%以上削減できる、または路面温度を10℃以上低減できる」である。
情報の提供手法 ■マーク等表示、□環境負荷データ表示/提供

 

詳細

(1)事業者名
日本道路株式会社
(2)運営開始年
2012年
(3)対象物品等
リフレッシュシールMix、シャットファルト
(4)着目する環境影響
環境工法・製品の地球温暖化防止に着目している。
表 着目する環境影響
環境負荷項目 基準の概要
1.資源の消費  
2.エネルギーの消費  
3.大気・水・土壌への汚染物質の排出 環境工法・製品施工時のCO2排出量削減
4.廃棄物の排出  
5.有害物質の利用  
6.生態系の破壊 環境工法・製品供用時の路面温度低減
7.その他の環境負荷  
その他詳細は、環境省HPへ
環境省・環境ラベル等データベース「Nichido Eco Mark」
http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/ecolabel/a03_31.html

 

環境ラベル登録製品

リフレッシュシールMix
リフレッシュシールMixは、特殊改質剤を添加した最大粒径5㎜の加熱アスファルト混合物を、既設路面に薄層で敷き均し、転圧する表面処理工法です。たわみ性、耐久性に優れるので、予防的な道路維持補修により舗装の延命化が図れます。

「工法データベース」で詳細を見る

シャットファルト
シャットファルトは、アスファルト舗装などの表面に遮熱材を塗布することにより、路面温度の上昇を抑制する舗装です。特殊顔料と断熱材料で太陽光の赤外線を反射させ、舗装体の蓄熱量を減少させます。
2液硬化型樹脂系とエマルジョン型樹脂系の2種類があります。

「工法データベース」で詳細を見る

環境ラベル表示基準(環境):PDF(201KB)

本件に関するお問い合わせはこちら

このページのTOPへ戻る